株式会社近畿ファミリー

2017/04/18
 
保険について

20代女子が保険に入るタイミングは?

就職してから数年が経ちました。そろそろ将来のことを考えて生命保険に加入した方がいいのかなと思いはするのですが、保険のことはよく分からないので迷っています。給与もあまり高くないので、若いうちに加入した方が保険料が安くすむと聞いたのですが・・・。いつ入るのが良いのでしょうか?。

なんのために生命保険に加入するのか?その目的だけはハッキリとさせておくと生命保険選びが非常に楽になると思います。
 
生命保険は大きく2つに分けられます。
①人のための保険
②自分のための保険
 
生命保険でよく聞く言葉「死んだらいくらもらえるの?」は「①人のための保険」です。
保険の対象となる人(被保険者)が亡くなった時に保険金を受け取ることができるのが「死亡保険(死亡保障)」です。
当然のことですが、自分で死亡保険(死亡保障)に入っていた場合。亡くなった時にはご自身はこの世に存在していないので保険金を自分が受け取ることはあり得ません。
死亡保険は自分以外の誰かが、自分が亡くなった時に役立てられるために入る保険です。
ですので、自分が亡くなっても困る人は特にいない。という状況であれば①人のための保険には入る必要が無いと言えます。
しかし、ご自身の給与で親の生活を支えている。自分が亡くなることで生活に困る人がいる。亡くなっても無くならない借り入れがある。と言った場合には、①人のための保険である死亡保険は独身であっても有効であると言えます。
 
②自分のための保険とはどういうことでしょうか?
これは、医療保険やがん保険、収入保障保険等、生きている間に保障が受け取れる保険のことをいいます。
入院や手術をすると医療費がかかります。他にも、会社を休むことによって残業が減る、営業手当が減る、就労時間が短くなることで収入が減る可能性があります。
また、病気の治療が長引くことによるリスクも考えられます。
そこで、医療保険や収入保障保険といった生きている間に保障が受けられる生命保険に加入しておくことで、ご自身の日々の生活に安心と安定感を与えてくれます。
 
問題は、保険料です。
当然のことながら、保障を得ることで対価としての保険料を支払わなければなりません。
 
保険料を多く払うことで、高い保障や充実した保障を得ることは可能です。しかしそれによって日々の生活が圧迫されてしまっては本末転倒です。
ご自身の家計の中から、支出できる保険料と得られる保障とのバランスを考える必要があります。